Dikta Architects Office(豊川市)


翻訳・建築プロデュース・設計という異業種の3社が一つの舎屋に同居し、打合室やギャラリー(兼教室)等を共用する事務所建築です。

ギャラリーでは個展や英会話教室などが開催され地域の創造文化の拠点としての役割を果たしています。

また身体障害者支援の活動をしている関係上、車椅子の方の出入りが多くその配慮も十分なされています。

使用している素材は安価であっても、古くなり味わいの出てくる素材を用いています。建築のプロポーション・素材・色などを吟味し、控えめながら心象に残る建築となっています。

 

建築概要

 

建設地      愛知県豊川市御津町
用途    事務所
構造    木造在来工法
施工    有限会社 丸三ホーム

1階面積       90.3 ㎡(27.3坪)
2階面積       42.6 ㎡(12.9坪)
延べ面積        132.9 ㎡(40.2坪)

 

 

ディクタ建築事務所(愛知県豊川市)玄関ホールから中庭の眺め