老津の家(豊橋市)


「こんな家にしたい」とクライアント自身が描いたスケッチから始まった家づくり。大胆なオーバーハングが特徴のこの家は、隣り合う部屋が半層ずつずれて繋がるスキップフロア形式の住まいです。

RC+木造のハイブリッド構造で、それぞれの特徴を魅力的に表現したいと考えました。

吹抜、登り梁、オーバーハング、打放し、塗り壁、板張り、合板、障子などの多くの要素の調和を図りながら慎重に設計を進めました。

2階リビングの窓を開け放つと眼下に老津の風景が広がります。

キッチンはアンデスケヤキで大工工事にて製作。建物と同様オーバーハングしています。

 

建築概要

 

建設地      愛知県豊橋市
用途    専用住宅
構造    混構造(RC+SE構法)
施工    有限会社 萩森建設

敷地面積       258.05 ㎡ (78.1坪)
1階面積      45.59 ㎡ (13.8坪)
2階面積      58.69 ㎡ (17.8坪)

3階面積      20.70 ㎡ (   6.3坪)
延べ面積       124.98 ㎡ (37.8坪)

豊橋市・老津の家 夕景