住まいは住まい手のもの。建築家の作品発表の場ではありません。

 

私たちは、クライアントの望む家づくりをサポートし、満足度の高い家づくりを実現することを目標にしています。

 

 

心の中に持っている「本当に伝えたい要望」「本当に解決したい問題」を上手に言葉にして、伝えることが出来る依頼者はほとんど居ません。

 

クライアントが言葉に出来なかった心の奥にある本当の要望を読み取る力、これが私たち建築家には求められます。

 

クライアントが言葉に発した要望と心の中の要望とにギャップがあることを心得、時間を掛けて丁寧にそれを読み解き、クライアントの本当の想いを形にします。

 

 

自分が依頼者だったとしたら、こんな家に住んでみたい。
私たちはクライアントの気持ちを考え、自分の家をつくるつもりで家づくりに取り組みます。

家づくりは一生に一度にして、人生で一番大きな買い物。失敗は許されません。
私たちは、その責任の大きさを自覚し、ひとつひとつの家づくりを丁寧に、慎重に作ってまいります。

 

 

クライアントも私たちも愉しみながらこだわりのある家づくりをし、そのまわりの友人・親戚などの訪問者にもその家を好きになってもらえるものづくりをしたい。


愉しんで。こだわって、好きになる。そんな心に残る家づくりを 私たちの家づくりでは目指しています。